『尿道から膿』は淋病の疑いアリ

ある日突然トイレに行った時に尿道から膿が出ているというようなことがあった場合、それは性感染症にかかっている可能性があります。
特に尿道から膿が出ているといった場合には淋病の疑いが濃厚ですので注意が必要です。
淋病とは淋菌という菌に感染することによって起こる病気であり、男性の場合には尿道炎、女性の場合には子宮頸管炎を引き起こすことがあります。
また、最近ではオーラルセックスによる咽頭性器官への感染も広がっています。
淋病は感染していることに本人が気付かず、そのまま感染源となってしまうこともある厄介な病気です。
感染力の強い性感染症であり、一回の性交でおよそ3割程度が感染すると言われています。
性感染症ということもあり、主な淋病 感染経路は性行為によるものとなります。
淋病というのは感染力は強いものの、とても弱い菌ですので性行為以外での感染は非常に稀です。
ほとんどの淋病感染者は性行為による感染が感染の原因となります。
しかしながら、それ以外の感染経路が全く存在しないというわけではありません。
それはトイレや風呂場での感染です。
淋病に感染している人が使った後のトイレを使用したり、同じタオルを使用したりすることで確率は低いものの、性行為を行わなくても淋病にかかる危険性はあるのです。
淋病はそのまま放置していても完治することはありません。
医師に診断してもらい、適切な治療を受けることが大切です。
治療にはクラビットと呼ばれる薬を使われることが多くなっています。
クラビットは副作用も少なく、淋病だけではなく様々な感染症に効果があるとして多く使われているものです。
しかし、服用したからといってすぐに治療できるわけではありませんので、完治するまでしっかりと服用し続けることが大切です。

関連WEBサイト
バルトレックス:バラシクロビル│通販でヘルペス・帯状疱疹を治療