尿道から膿が出るアナタは淋病

朝起きると下着に膿がついている…そんな事態に陥った事はありませんか?

尿道から膿が出て病院に行ったら、淋病だった男性 尿道から膿が出て病院に行ったら、淋病だった男性

非淋菌性尿道炎とは

非淋菌性尿道炎とは、その名が示すとおり、淋菌以外の病原微生物の感染が原因の尿道炎です。
主に、性行為によって感染します。
病原微生物は、大腸菌・ブドウ球菌・レンサ球菌等の細菌、ウイルス、原虫、カンジダ等の真菌、スピロヘータ、クラミジア等、様々あります。

症状は淋菌性尿道炎(淋病)と似ている面がありますが、症状の程度は淋菌性尿道炎よりも軽めです。
具体的な症状は、男性の場合、排尿時の熱感、しみる感じ、外尿道口の軽いかゆみ等です。
女性の場合は、鼻水に似た薄いおりもの、下腹部の鈍い痛み等となっています。

感染すると、通常、1~7日間で症状が現れます。
但し、クラミジアが原因の場合は1~3週間経ってから症状が出ます。
尚、女性は尿道が短い為、膀胱炎を併発しやすくなっています。

一口に非淋菌性尿道炎と言っても病原微生物は様々ですから、治療は、まず病原微生物を特定する事から始まります。
検査は、淋菌性尿道炎と同じ検査を行い、その他にも、血液中の抗体量の測定、分泌物の培養等を行います。
時には、内視鏡検査を行う場合があります。

病原微生物が判明したら、有効な薬剤を選んで使用します。
早ければ1~2週間で治りますが、数ヶ月かかる場合もあります。